ジェイド 値引き

ジェイドの値引き

ホンダジェイドの値引き額詳細

ジェイドの車体価格値引き限界額 ジェイドのオプション値引き限界額
3~6万円 3~4万円

ジェイドの合計限界値引き額:10万円

 

現在ミニバンは人気ジャンルとして確立されていますが、実のところシェアの大半はトヨタが握っています。ヴォクシー・ノアなどのハイブリッド車種が人気を集めており、ミニバンもエコの時代となっているのです。そんな中、ホンダもついにハイブリッドミニバン「ジェイド」を発売します。燃費性能は30km/リットルを超えるとみられており、トヨタ一強のミニバン市場で存在感を放っています。

 

ジェイドの値引き状況としては渋いと予想されています。そもそも新車は発売当初だとほとんど値引きされないものですし、ハイブリッド車はガソリン車にくらべてあまり値引きされないのが通例です。なのでジェイドも発売してからしばらくはジェイドの値引きはできても数万円となりそうです。ジェイドのオプション値引きなどを細かく拾っていくことで、10万円値引きできれば合格ラインと言えるでしょう。

 

交渉前の下準備が超重要!

ジェイドに限らず、新車を購入する際は今乗っている車を売却することになります。

 

そして、大半の人は下取りに出すことでしょう。しかし、ここに大きな落とし穴があります。

 

ほとんどの人は、無意識のうちに

 

「ディーラーがちゃんとした価格で引き取ってくれるはず」

 

こんな風に思っています。

 

しかし、ディーラーは中古車買取業者ではありません。新車を売るのが仕事なので、適正価格で下取りしてくれる保証はどこにもありません。

 

それだけでなく、巧みな交渉術でお客さんをハメ込みしようと画策してきます。

 

たとえば、こんな例があります。

 

 

これ以上ジェイドの値引きは厳しいですね…。でも、下取り価格を上げることはできます!通常10万円のところ、15万円でどうでしょうか?


 

ええ?ほとんどですか!?


 

はい、今日中に決めてもらえるなら私の権限で通します!実質ジェイドの値引きアップと同じですよ!


 

じゃ、じゃあ決めちゃいます!


 

毎度あり~~!


 

一見、下取り価格が上がってトクしたように思えますよね。しかし、実は大損しているのです。実は営業マンは心の中でこんな風に思っています。

 

 

実際の買い取り相場は40万円なんだけどね~。15万で買い取れたら大儲けだ、ラッキ~。


 

本当は40万円で売却できる車を、ディーラーに15万円で売ってしまうわけです。

 

おまけに実質ジェイドの値引き上乗せを錯覚させられてしまっています。ジェイドは値引きが渋いので、値引き上乗せなんて言われたら簡単に契約してしまいかねません。

 

このように、「ディーラーがちゃんとした値段で買い取る」なんて思い込んでしまっていると、こんな目にあうかもしれません。ディーラーも商売なので、さまざまなトリックを用意しているのです。

 

ディーラーと対等に渡り合うには、きちんと事前に愛車の買取価格を把握しておくことが絶対に必要です。

 

きちんと調べておけば、こんなやり取りが可能になります。

 

 

下取り価格アップですよ~実質ジェイドの値引きアップですよ~


 

(相場よりずっと安いな…)

 

なるほど、まだ余力があるんですね。では、代わりにジェイドのオプション値引きを付けてもらえませんか。付けれくれるなら決めてもいいんですけど。


 

えっ!? ちょ、ちょっと店長に聞いてきます…。


 

どうでしょうか? さきほど立場が逆転していますね。買取相場を頭に入れておくだけで、営業マンの話術に騙されないだけでなく、交渉を上手に進めることができるわけです。

 

では、どうやって今乗っている車の買取価格を調べればいいのでしょうか?

 

そこで便利なのが、自動車一括査定サイトです。

 

自動車一括査定サイトって何?

 

中古車を買い取る仕事をしている業者があります。「ガリバー」や「ラビット」、「ビッグモーター」などの業者そうです。

 

 

こういった業者は日本国内だけでなく、海外などにも多彩な販売網を持っているため、ディーラーよりも高く自動車を買い取ることができます。

 

しかも、自動車一括査定サイトにはそういった中古車買取業者が集まって一括査定してくれるため、競合が起こってさらに買取価格が上昇しやすくなります。

 

 

中古車買取業者は車を買い取らないと仕事になりませんから、他の業者よりも高い価格を付けてなんとか買い取ろうとするわけです。

 

実際、ディーラーで下取りに出すよりも10万円~30万円以上高くなることもザラにあります。そのため、商談前に一括査定サイトで査定をするのは鉄則なのです。

 

利用方法はとてもかんたんで、メーカー名、車種名、年式などを入力していくだけでOKです。

おすすめの自動車買取査定サイト

 

一括査定サイトはいろいろありますが、通常は査定を実行してから結果がわかるまでにしばらくかかります。即日の事もありますが、数日待たされることもあります。

 

ですが、「かんたん車査定ガイド」は唯一、査定した瞬間に暫定の買取価格を表示できます。

 

使い方は簡単で、↑のように必要事項を入力するだけで、

 


↑こんな形で暫定価格が表示されます。この数値は商談で利用するのでメモしておきましょう。

 

入力項目も他のサイトに比べて圧倒的に少ないため、約30秒で査定が完了できます。

 

※ここで表示されるのは暫定価格となり、実際の買取価格とは異なります。車の状態によって上下しますが、通常は実際に車を見てもらうとさらに買取価格が上がることが多いようです。

 

かんたん査定の公式サイトはこちら
http://a-satei.com/

 

さらに高額査定を目指すなら、その他の一括査定サイトでも査定してみましょう。複数の査定サイトを使うことで、査定額がさらに上がることがあります。

 

ズバット車買取比較

 

中古車買取業者ごとに、車種や地域の得意・不得意があります。ズバット車買取比較は全国150業者が参加しており、自動的に最適な業者を最大10社を選んで一括査定してくれるため、高額買取が出やすいです。査定時間も1分程度で手間はありません。

 

公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/

 

 

カーセンサー

 

有名車雑誌の「カーセンサー」が運営しており、最大30社の査定が受けられます。リクルートが運営しており、安心感があるのが魅力です。入力項目は若干多いですが、数分で完了します。

 

公式サイトはこちら
http://www.carsensor.net/

 

査定のタイミングはいつがいいの?

査定はできるだけ早く済ませましょう。

 

査定を後回しにしてしまうと、思わぬしっぺ返しを食らうことがあります。

 

交渉に使えるカードがなくなる

愛車の買取相場価格を知らないまま商談すると、営業マンの巧みな交渉術に乗せられてしまう可能性が高いです。ネットなどでジェイドの値引きの方法を調査すると、どうしても「営業マンって、大したことなさそう」というイメージを持ってしまいますが、営業マンは毎年何千人ものお客さんを相手にしている営業の鬼です。営業マンの話術にしてやられて、うっかり契約…なんて事態も十分にあり得るのです。

 

しかも、こちらはすぐにでも新車を買いたい心理になっています。なので、「ちょっとくらい損してもいいか…」という気持ちになりがちなんです。

 

ところが、契約して家に帰ってから一括査定してみたら、30万円くらい愛車の買取価格が違った…なんてことになるかもしれません。

 

これでは「ちょっとくらいの損」なんでとても言えません。

 

なので、あらかじめ今乗っている車の買取価格を調べ、上手に交渉していくことが鉄則となるのです。

 

契約してから下取りナシに変えるのは厳しい

いったん下取りアリで契約すると、どうなるかご存知ですか?

 

実は、今乗っている車の所有権が半分ディーラーの元にわたってしまいます。

 

それを下取りナシに変更するとなると、ディーラーの同意・許可が必要となります。かんたんに同意はもらえませんし、もし同意してくれてもさまざまな手間がかかるほか、ディーラーとの関係が悪くなるのは避けられません。

 

下取りナシへの変更は、契約破棄と同じ意味だからです。今後、長く付き合っていく上で非常に大きなマイナスになります。

 

以上のことから、後で後悔しないように一括査定は今すぐ行っておくべきです。

 

一括査定後の流れは?

自動車一括査定サイトで査定を行うと、メールなどで複数の業者から買取価格の見積もりの連絡が届きます。その中から、最も高い査定額を出した業者に無料出張査定を頼みます。あとは実際に車を見てもらって、最終的な買取価格を決定することになります。

 

※実際に見て査定すると買取価格が下がるのでは、と考える人もいるかもしれません。もちろん傷があったりして状態がよくないと買取価格は下がることがありますが、通常は上がることの方が多いようです。というのも、ネット査定の段階では車の細かい状態がわからないので、少し低めに見積もる傾向があるのです。実際に車を見て査定を行い、状態がよいようであればネット査定の見積もりよりも高い価格がつくことはよくあります。

 

愛車はすぐに売却するの?

通常、出張査定で買取価格が決定し、こちらが了承すればすぐに売却する流れになります。とはいえ、新車は納車されるまでに1~3か月程度かかるので、売ってしまうと車がない状態になってしまいます。

 

ですが、愛車の買取価格は知っておかないと商談が不利になってしまいます。なのでネット査定はしないわけにはいきません。

 

そこで、一挙両得の解決方法を2つ紹介します。

 

解決方法① 売却を待ってもらう

 

業者によっては、交渉すれば納車日まで売却を待ってくれます。待たせる期間によっては若干買取額が落ちることもありますが、落ち幅は1カ月に数パーセント程度なので数か月待たせる程度だとそれほど値落ちはありません。これでも、ディーラーに下取りに出すよりはよっぽど高く売却できるでしょう。

 

また、たいていの業者は代車を出してくれるので、さっさと売却して納車まで代車で過ごすというのもアリです。この場合は買取価格の低下はありません。

 

万が一代車すらないようなら、買取価格2位を提示した業者に連絡して、同じように交渉すればいいだけです。

 

さらに、交渉スキルに自信がある場合はディーラーから代車を借りてもいいでしょう。「車は中古車買取業者に売るんだけど、納車まで車がなくなってしまうから代車を貸してよ」と頼んでみるのです。ディーラーにしてみれば「下取りに出してくれないのに代車を貸すのか…」という感じですが、こちらは新車を買うお客さんなのですから、無理なお願いではありません。

 

なお、代車を借りる場合は、事故や故障時の費用負担・保険については確認しておきましょう。

解決方法② 査定を2回行う

 

まず、商談する前に車査定を行います。そうすることで、とりあえず買取相場を把握することができます。

 

その後、商談が終わったら、納車日の2週間前ほどに再び査定を行います。今度は、高額査定を出した業者に連絡して出張査定を頼み、実際に売却します。

 

この方法であれば、車がない期間をなくし、スムーズにジェイドに乗り換えることができます。

 

※1回目の査定と2回目の査定で数か月の間がある場合、5~10%ほどの買取価格低下が起こることがあります。

 

入力するデータがはっきりしないとき

 

自動車一括査定サイトで査定を行うには、メーカー名や年式などを入力する必要があります。正確なデータがわからなくて困ることもあるでしょう。

 

ですが、入力データはある程度あいまいでも問題ありません。実際の買取価格は業者の出張査定が済んだ時に決まるので、ネット査定の段階では最低限メーカー名、車種名さえわかっていれば大丈夫です。

 

下取りナシの客はディーラーに嫌われる?

下取りナシにすると、ディーラーからよく思われないのでは? と心配される方もいます。

 

ですが、まったく問題はないです。

 

新車に乗り換えるときに、愛車を友だちや親せきに譲るという人は意外とたくさんいます。また、最近は中古車買取業者に売る人も増えていますので、ディーラーも慣れっこなのです。

 

問題なのは下取りアリの契約をして、それを下取りナシに変更するときだけです。この場合は契約破棄となるのでディーラーの心証をかなり悪くします。しかし、契約さえしていないなら、下取りアリ・ナシを決めるのはお客さんの自由です。

 

不安なら「友だちに譲る」と言ってお茶を濁してもいいですし、はっきりと「中古車買取業者に売る」と言っても何も問題ありません。

 

1つだけ注意するとしたら、最初から「下取りナシで!」というのは避けたほうがよいでしょう。一応ディーラーも下取りしてもらうつもりでジェイドの値引き交渉に応じているところがあるので、初めのうちは「下取りするつもりです」と言っておいたほうがいいでしょう。

 

ジェイドの値引き額が決定したところで「値引きをいっぱいつけてもらったので、やっぱり愛車は友だちに譲ります」とか「中古車買取業者のほうが買取額が高いので、やっぱりそっちに売ります」などと言えば大丈夫です。

 

 

ジェイド値引きのコツとは?


新車の値引き情報、交渉術はいろいろなところで見かけますが、最も重要なことが意外と抜け落ちていることが多いです。

 

もっとも注意しないといけないのは、「偉い人の決裁が出ないとジェイドの値引きはされない」という事実です。

 

ヒラ社員には権限はほとんどなく、いくらヒラの営業マン相手に華麗な交渉テクニックを見せつけても値引き額は一切上がりません。値引きをアップさせるには、店長クラス以上の強い権限のある役職から決裁を引き出さなければいけません。

 

営業マンが事務所に引っ込んで、帰ってきたらジェイドの値引きが増えた…なんてエピソードをよく見かけますが、これは店長以上の役職に決裁をもらいにいっているからなのです。

 

それでは、店長以上の役職からの決裁はどうすれば取れるのでしょうか? ここでその方法を紹介します。

 

ホンダディーラ同士を競合させる

 

ホンダはかつて資本の異なる販売店が乱立していました。今は多少統合されましたが、いまだに異資本のディーラーが各地に散らばっています。資本が異なるということは、当然販売ノルマも異なるため、よそのホンダディーラーのお客さんを必死で奪い取ろうとします。そのため、相見積もりに持ち込むと高確率でジェイドの値引きを引き出すことができるのです。

 

近いところにあるディーラーは資本も同一の場合が多いので、コツとしては少し離れたディーラーを競合させるとうまくいきやすいです。また、郊外よりも都心のほうが値引き幅が大きくなりやすいので、都心のディーラーを本命に設定し、そこを中心に郊外のディーラーを攻めていくとよいでしょう。

 

手法としては、「近所のディーラーだと結構ジェイドの値引きできそう」などと言って値引きをにおわせるのがおすすめです。相手に想像させることで、もっと値引きしないと買ってもらえないと思わせることができます。

 

なので、直接見積もりを見せるのは避けたほうがいいでしょう。見せてしまうと、その金額が基準となってジェイドの大幅値引きが難しくなります。もし見せてくれと言われた場合は、「相手のディーラーに迷惑になるから」と言って断りましょう。

 

ライバル車はトヨタのミニバン

 

ミニバン市場は現在のところトヨタ1強となっています。ヴォクシー/ノアが販売ランキングを独走しているほか、アルファード/ヴェルファイアもモデルチェンジを経て高い人気を誇っています。いずれもハイブリッド化しており燃費性能も高く、地盤は固いように見えます。

 

なので、ホンダディーラーはトヨタのミニバンを非常に警戒しています。過去に何度もトヨタ車にお客さんを奪われる経験をしており、なんとしてもジェイドでお客さんを獲得したいと考えています。なのでトヨタ車を競合させるのはかなり効果が高いです。価格帯の近いヴォクシー/ノアが競合の本命となります。

 

ホンダ同士の競合の場合と同じく、見積書を見せるのや控えましょう。あくまでも、「ヴォクシーが安くなりそうなんだよねー」などと言ってプレッシャーをかける程度で十分です。とはいえ、ウソはすぐにバレるのでライバル車の見積書は必ず取るようにしてください。リアリティは重視したほうがいいです。

 

オプション値引きも積極的に狙う

 

ジェイドのオプション値引きは車体値引きと違い、ホンダ同士、ライバル車同士の競合に全く効果がありません。車体とオプションでは管轄が違うのです。なのでオプション値引きはそのディーラーとの直接交渉、一騎打ちとなり、交渉力の高い方が勝つ一騎打ちになります。

 

そのため、単純に「オプションを値引きしてくれ」というだけでは断られやすいです。交渉術で営業マンを切り崩していくしかありません。

 

王道のジェイドのオプション値引き術としては、「契約ギリギリのオプション追加」作戦があります。注文書にサインする!というところでオプションを追加して、「値段上がっちゃうなー」と言って困ってみせるのです。営業マンは契約を白紙にしたくないので、焦ってオプション値引きを上乗せしてくるというわけです。絶対にうまくいくというわけではありませんが、効果は高いです。

 

値引きで大切なのはいかに「偉い人の決裁」をもらうかにかかっています。なので、ヒラのセールスマンをいくら相手にしても値引きはできません。

 

・営業マンが考え込んでいるときは、決裁を摂るかどうか考えている証。こんなときはそっとしておく。
・しきりに事務所をいったりきたりしたり、電話ばかりしている営業マンは頼りなく見えるが、決裁を取ろうと頑張っている証でもあるので実は期待大。逆にその場からどっしり動かない営業マンはデキる営業マンに見えるが、実は期待薄なので別のディーラーに行く。
・しつこく交渉せず、さっさと切り上げる勇気も重要。営業マンが決裁を取るかどうか考える余裕を与える。

 

以上のように、「営業マンが決裁を取る」ことを意識して交渉するようにすると、ジェイドの値引きはグッと引き出しやすくなります。

 

ジェイド値引きのまとめ

 

ジェイド値引き交渉では、愛車の買取相場の調査が必ず必要です。

 

そうすれば、愛車を売却額だけでなく、結果的にジェイドの値引き額を増やすことにもつながります。

 

ジェイド値引き体験談・口コミ投稿フォーム

 

ジェイドの値引きに関する口コミや体験談、情報をお待ちしております。その他、乗り心地などのレポートやレビューもなんでもOKですので、どしどしご投稿ください!

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。